外壁塗装の概要

外壁塗装

外壁塗装に関する基礎知識

外壁塗装の効果は、見た目を綺麗にするだけではありません。外壁塗装をすることで、様々なメリットが得られます。こちらでは、外壁塗装の必要性を説明した上で、外壁塗装の時期、塗り替えのサイン、塗料の種類など、基礎知識をお伝えしていきます。

外壁塗装の必要性

外壁は、ただ単に色をつけるために塗装する訳ではありません。外壁塗装の目的は、「外壁材を保護すること」です。外壁は直射日光が当たることもあれば、雨水を直接受けたり、風によってホコリが付着したりと、日々外部からのダメージを受けています。そうしたダメージを軽減できるようにするのが外壁塗装の目的であり、必要性だといえます。

また、外壁を塗り替えることで、外壁をおしゃれで綺麗にすることができるため、その住宅自体の価値を高めることが可能です。

外壁塗装の時期

外壁塗装の時期は、立地条件や塗料によって異なります。以前は5年ぐらいで塗り替えが必要でしたが、現在は建材や塗料の性能が上がったことにより、7~10年ほどが一般的な塗り替えの時期といわれるようになりました。

ただし、常に排気ガスの影響を受ける立地や、海が近い立地では、早めの塗り替えが必要になります。塗料が劣化したまま放置すると、屋根や壁そのものを痛めてしまいますので、劣化のサインが現れたら、早めに業者に相談してみることをおすすめします。

塗り替えのサインとは?

◇チョーキング

チョーキング 代表的な塗り替えのサインといえば、「チョーキング」です。塗料は樹脂に顔料や接着剤を混ぜてできており、塗装直後はこれらが高い結合力を発揮するため、手に塗料が付着することはありません。しかし、結合力が低下すると、塗料に含まれている顔料が粉状になって塗膜表面に付着します。この状態の時に、外壁に触れると塗料と同じ色の粉が手にも付着してしまうのです。

◇ひび割れ

ひび割れ・剥がれ 外壁のひび割れも、塗り替えのサインです。ひび割れを放置すると、雨水が内部に侵入し、建物自体を腐らせてしまう可能性があります。ひび割れは、軽度のものから重度のものまで存在しますが、どのひび割れであっても早めに直すのが得策です。

◇塗膜の剥がれ

外壁の劣化が進むことで、塗膜の密着不良が起こり、剥離や浮きが発生します。剥がれた箇所が雨水や紫外線にさらされ続けると、外装材が沿ったり腐食したりします。張替えやリフォームが必要となる可能性がありますので、早めに塗り替えを行いましょう。

外壁塗装のご依頼は株式会社SHIMARSへ!

外壁塗装を依頼するなら、株式会社SHIMARSへ。これまでに数多くの外壁塗装を手掛け、地域の皆様の大切なお家を守ることに尽力しています。お客様の不安を解消し、ご満足いただけるサービスを提供できるよう、丁寧な説明・作業を心掛けています。料金やプランなど、ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら。

PAGE TOP